【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第14回)

一風堂が目指す「変わらないために変わり続ける」とは?

posted by 篠原 克周

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 福岡・博多でスタートしたラーメン店「一風堂」を皮切りに、いまや売上高208億円(2016年3月期)を超える企業へと成長した株式会社 力の源(もと)ホールディングス。

 本連載の前編では、代表取締役社長の清宮俊之氏に、力の源ホールディングスに入社するまでの人生を振り返ってもらった。後編では、社長就任時の苦労話をはじめ、同社の海外事業や地域活性化への取り組み、ラーメン業界が挑むITや科学の世界との融合など、未知なる挑戦について聞いた。

入社してすぐ5年先の経営プランを描く

──40歳を前にしての転職で、会社からも求められるものが多かったと思います。まずは一風堂でどのような仕事からスタートしたのでしょうか

 圧倒的な存在感のオーナー河原(創業者の河原成美氏)がいて、個性が強い社員の人たちがいる。さまざまな業態の事業を展開している状況で、いかに早く会社の全体像をつかめるかを、まず課題にしました。入社前から河原には「何をやるか決めこむ必要はないから、走りながら何ができるか考えてほしい」と言われていました。

 そうは言いつつ、“人事の仕事をやるのだろう”というのが暗黙の了解でした。ちょうど組織が大きくなり、人事や教育面で行き詰り感があった時期に、ひょっこり私が現れた感じでしたから。

 最初は研修で工場に入って麺やスープづくりをやったり、店舗に入って接客をやったりしましたが、3カ月経った時点で企業分析や実務面のレビューをふくめ、これから5年先どうするべきかという具体策をまとめた資料を河原に提示しました。組織改革や人事的アプローチ、可能性のポテンシャルを引き揚げるプロセスなどを提案したのですが、河原は決断が早く、その場で決まったものもありました。私自身も結果を出さないと存在価値がないと思っていたし、早目に具体論を示したかったので、河原との仕事は最初からスムーズでした。

──話が脇に逸れてしまうのですが、資料をまとめるための“コツ”のようなものはありますか? 清宮さんは情報の収集、整理、アウトプットが非常に得意のように感じられます

 必携なのがメモ帳です。パソコンは、データ整理や資料づくりで重宝しますが、私の場合、アイデアを練るのは、やはり手書きがいい。その方がクリエイティブな作業が捗るからです。

 また今は、情報が豊富にありアクセスしやすい時代です。ただし、生きている情報は極一部。私は自分の中に興味のフック(物を引っ掛ける鉤[かぎ]のこと)を持つようにしています。情報をすくい取る網を大きく広げ、網に通すと、いらない情報が流れ落ち、必要なものがフックに引っかかります。そうやって情報をピックアップしながら整理しています。

「清宮さんは昔から河原さんの右腕で?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

篠原 克周

篠原 克周

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ