【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第8回)

ホームレスから社長、OKWAVE兼元社長が起業するまで

posted by 小池 晃臣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本初、そして最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ。代表取締役社長の兼元謙任氏はこのインターネットを介し、困っている人が助け合うシステムを2000年に立ち上げた。人が人の役に立つことをビジネスにつなげるという発想を同氏がなぜ得るに至ったのか、その背景には様々な苦労の経験があった。

 後編ではホームレス生活から得た助け合いの大切さ、そこからビジネスを立ち上げるに至った経緯を伺った。これからの時代に必要なサービスとは何なのだろうか。

ホームレス経験で身に沁みた、人の情け

──若くしてホームレスに身を落としてしまうというのは、とても辛い体験だったでしょうね。

 実はそれがまったく正反対なんです。

 イジメ、病気、裏切りといったそれまでの私の人生からすれば、初めて安らぎを覚えるような体験でした。飲食店裏には高級酒まで捨てられていたりして、ゴミを漁れば食べ物には困りません。最初はもちろん抵抗がありましたが、慣れてしまえばなんてことはありません。ホームレス仲間も暖かく、何も聞かずに親身にしてくれました。コンビニでお弁当の残りを分けてもらったときには、人の情けのありがたさが身に沁みて、涙が溢れてきたほどです。

 子ども連れの母親が、「あんなふうになっちゃダメよ」と言い聞かせているのが耳に入っても、いつしか「別にいいよね」と流せるぐらいになっていましたね。

──そうした生活から脱却するきっかけはなんだったのでしょうか。

 大きく2つありました。1つは、いつもいただいていたファーストフード店の残り物を暗い公園で食べようとした際、その中に煙草の吸殻が入れられていて、危うく生命を失いかける経験をしたことです。ああ、そのぐらい本心では来てほしくないんだなと、情けなくなりましたね。

 そしてもう1つが、ある中国人留学生の女性との出会いです。その人に私のこれまでの生い立ちを泣きながら話したところ、「その程度のことでメソメソするな!」と叱責され、げんこつを食らったのです。よく聞くと、その人は中国で本当に苦労をしていて、あらゆる手段を使って日本に来て、働きながら学校に通っていました。彼女からすれば、自分のこれまでの境遇を恨んでこんな暮らしをしているのが許せなかったのでしょう。

 こうして「このままではだめになる」と思い知らされたことで、今度こそ再起を決意したのです。妻から突きつけられた離婚届は、ハンコも押さずに放ったらかしで逃げていたので、妻に少しずつ仕送りを始めて、家庭もしっかりしようと思うようになっていました。

助け合えないネットの世界に疑問を抱く

──新しい仕事をどうやって始めたのですか

 例の実業家(前編参照)へ、もうなんでもいいから仕事をくださいと訪ねたところ、今度は簡単にデザインの仕事を紹介してもらえました。後から聞いたところ、なんでも最初に来た時はデザイナーとして雇ってくれと言ったのが気に入らなかったようです。2回目はなんでもやりますと言い出したので、覚悟ができていると認めたのだということでした。

──1999年にはオーケーウェブ(当時)を設立し、2000年にはOKWAVEのサービスを正式に開始しています。その間には何があったのでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小池 晃臣

小池 晃臣

取材ライター

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ