Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第6回)

ジャパネットの高田明前社長が会長職に就かない真意

posted by 片岡義明

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 年商1,500億を超える日本有数の通販会社である株式会社ジャパネットたかた。その創業者である高田明氏は、2015年にジャパネットたかたの代表取締役を退任し、後進に道を譲った。

 会長職にも就かず、一線から身を引いた高田氏は今、自身を振り返って何を思うのだろうか。高田氏のサクセスストーリーとともに、現在の通販業界への思い、そして経営哲学を聞いた。

 自社で番組制作を行う狙いとは

──前編ではラジオショッピングを全国展開するまでの話を聞きました。その後テレビショッピングへも進出しましたが、ジャパネットでは今も“自前主義”を掲げて、番組制作を自社で行っています。その理由を聞かせてください。

 テレビショッピングに進出したのは 1994年です。当時は、パソコンなども扱うようになってきて、モデルチェンジのサイクルが早くなってきた頃で、新しい商品が登場するたびにいちいち制作会社に依頼していたら、とても間に合わない。それなら「スタジオが会社にあれば面白いな」と思って実行し、 2001年にCS で専門チャンネルを開局しました。

 もしそのときにスタジオを作っていなかったら、おそらく今のジャパネットたかたはなかったでしょうね。スタジオを作ったことで、商品が入荷してからすぐに放送できるようになったので、それが大きな強みとなりました。

──スタジオを作るにあたり、どのような苦労がありましたか?

 周りからは、「スタジオを作っても人がいなければ放送できない」と言われましたが、「なんとかなるだろう」と思っていました。私はとにかく、できない理由は決して言わないことにしています。「できる」と思えば、その方法を考えることで必ず実現できると信じているからです。

 このときも、社員の中から 10人くらいを選んで東京に行かせて修行させたり、派遣会社に頼んでスタッフを揃えたりして、なんとかスタジオを運用できるようになりました。今では番組の編集スタッフはすべて社員で、一番多い時で100名のテレビスタッフがいました。

 私がよく言う言葉に、「現実は受け入れる」というのがあります。リーマンショックや消費税の増税など、現実に起こってしまったことは決して変えることができないのだから、とにかく受け入れて、その中からできることを考えれば、きっと乗り越えていけると考えています。

失敗とは、一所懸命にやらずに悔いを残すこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
片岡義明

片岡義明

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ