【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第3回)

H.I.S.澤田会長に聞く、電話1本で起業した苦労と工夫

posted by 篠原 克周

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 H.I.S.(株式会社エイチ・アイ・エス)といえば、航空券や海外・国内旅行パッケージをリーズナブルな価格で提供する旅行業者として、業界を代表する存在である。

 そんな同社も、元々は1980(昭和55)年、新宿のビルの一室で、現取締役会長の澤田秀雄氏が起業したベンチャー企業だった。当時のオフィスには電話一本、机二つだけしかなかったが、1996年には航空会社「スカイマークエアラインズ(現スカイマーク)」を設立し、2010年には九州のテーマパーク「ハウステンボス」を子会社化するなど、旅行業界に革命を起こしてきた。

 なぜH.I.S.は、ここまで成功を収めることができたのか? そして成功を収めた今、何を目指しているのか? 起業から現在に至るまでの道と、これから進んでいく道を、澤田本人に聞いてみた。前編では、澤田がH.I.S.を起業し、成功を収めるまでの苦労と努力を取り上げる。

海外留学で「みんながハッピー」になるビジネスを発見

――まずは、澤田さんがH.I.S.を起業するまでの話を聞かせて下さい。高校卒業後に世界中を旅されたようですが。

 私が高校を卒業する頃は、ちょうど学生運動の真っ只中。日本の大学に進学しても、まともに勉強できる環境ではなかったので、思い切ってドイツのマインツ大学に留学しました。

 もともと高校の頃から旅行が趣味だったので、留学中も旅をしようと思い、結局4年半でアフリカ、中米、南米、中近東、アジアなど50ヶ国以上を周りました。

 もちろん旅を続けるには資金が必要ですから、夏休みにビジネスをやることを思いつき、ドイツ語が話せたので日本人観光客向けの通訳ガイドをはじめたら、これが大当たり。それからツアーを企画して、ホテルのフロントマネージャーに頼んで日本人客を紹介してもらったりしているうちに、月に100万円以上稼げるようになりました。今で言う学生ベンチャーの走りです。

 マネージャーにも手数料を払い、お客様も喜んで、私も旅行資金が貯まる。みんながハッピーになるので「これはなかなか面白いビジネスだぞ」と思いました。

――貯めたお金は、全て旅行資金に充てたのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

篠原 克周

篠原 克周

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ