【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第2回)

厚切りジェイソンが力説!日本企業はココがおかしい

posted by 小池 晃臣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「Why Japanese People!?」のフレーズでお馴染みのお笑いタレント「厚切りジェイソン」ことジェイソン・D・ダニエルソン氏。同氏は日本のクラウドサービス企業、テラスカイの役員というもう1つの顔も持つ。

 前編では会社役員と芸人という二足の草鞋を履くことになったきっかけと時間の活用術について聞いたが、後編では、ジェイソン氏が日本の企業に対して「ここがおかしい!」と思うポイントを中心に取り上げる。

言われたことを実行するだけの人間を評価してはいけない

──日本の企業やビジネスのやり方などを見ていて、ここはもっとこうした方がいいと感じるのはどういったところでしょうか?

 ここは本音でかなり厳しいことも言いますので、覚悟していてくださいね(笑)。

 まず日本の企業や組織というのは、とにかく仕事の効率性が悪いので、早急になんとかすべきではないでしょうか。例えば自分の仕事はもう片付いているのに、同じチームに残業している人がいるからと付き合いで自分も残業したり、きちんと理解していない仕事なのに上司から言われたからと漠然とやってみたりとか、これらは多くの日本の企業でよく見かけるものですが極めて効率が悪いでしょう。

 それに、上から言われた事をただその通りにハイハイと実行するだけの人間を理想的な社員として評価し、本当に実力のある人を、ちょっと他と違ったり上司の判断を批判したからといって評価しないような文化も変えるべきだと思います。一般的な日本企業の評価制度というのは、よく言われるように年功序列でどれだけ長く会社にいたのかが評価基準となって、きちんとスキルを評価しようとしませんよね。これでは本当に優秀な社員はなかなか育ちませんよ。

 もちろん、効率性にせよ評価基準にせよすべての日本企業がそうだというわけではありませんし、また、ここに来て変えようという気運も全体的に高まっているとは思うのですが。

会社で権力を握っているのは「仕事のピークを過ぎた人たち」

──どうすれば日本企業は、そういった状況を打破できると思いますか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小池 晃臣

小池 晃臣

取材ライター

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ