【特別企画】スペシャルインタビュー「あの有名人が語る!」(第1回)

厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

posted by 小池 晃臣

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「Why Japanese People!?」のフレーズでお馴染みのお笑いタレント「厚切りジェイソン」ことジェイソン・D・ダニエルソン氏。同氏には、クラウドサービス企業・テラスカイの役員というもう1つの顔もある。

 会社役員と人気芸人という二足の草鞋を履き続ける同氏に、2つの顔の両立のしかたや日本の企業文化・ビジネスに対する本音を聞いた。

昔から「二刀流」が当たり前だった

──現在、人気お笑いタレントとIT企業の役員という “二刀流”を実践されているわけですが、このような状況になったきっかけは?

 まず会社の方についてですが、一年飛び級して入ったミシガン州立大学を卒業した後に、ゼネラル・エレクトリック(GE)グループで3年間働いていまして、この間に仕事と並行してイリノイ大学の大学院で修士を取得しました。修士課程では日本語検定一級も取得しています。

 その後、シカゴのITベンチャーに転職して、会社が日本法人を立ち上げるということで2011年に来日したんです。ちなみに2005年にも約1年間日本で暮らしていますので、2011年は“再来日”になりますね。

 やがて一年後に会社が大手IT企業に買収されることになったのですが、私は日本のいわゆる「大手企業」では働きたくなくて、自分の実力を活かしやすいベンチャー企業でもっと活躍したかったため次の会社を探していました。ちょうどそんな折に、テラスカイが2012年8月にカリフォルニア州で現地法人を立ち上げるというので、私も参画することにしました。

──仕事をしながら大学院にも通うとは、当時から二刀流を実践していたんですね

 そう言われてみればそうですね! 

 お笑いタレントになったきっかけですけれど、私はずっと日本の“お笑い”が好きだったんです。その中でも大ファンなのが、お笑いコンビの「ザブングル」でして、ある日、彼らの公演を観に行った時に、ひょんなことから観客である私が舞台に上がって、メンバーの加藤歩さんと腕相撲で対戦することになったんです。そうしたら私が勝ってしまったため、加藤さんが悔しがって「一緒に飲もうよ」と(笑)。

 この出来事がきっかけとなって、お笑いタレント養成所の「ワタナベコメディスクール」に入学して、卒業後の2014年9月に晴れてデビューすることができました。

今でも厚木から東京まで電車通勤。つり革に掴まりながら……

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

小池 晃臣

小池 晃臣

取材ライター

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ