まさかのために備える知識(第12回)

主力が突然いなくなる!SMAP解散に見る企業のリスク

posted by 高島 ちなみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本を代表するアイドルグループ、SMAP。8月14日に発表された解散のニュースは、日本中に衝撃を与えました。

 しかし、彼らを一般企業における「ベテランエース社員」とすると、独立騒動はどこにでもある話に過ぎません。

 では、頼りにしている社員が「ひとり立ち」を申し出てきた時、企業はどうすべきか。今記事ではSMAP解散報道から、企業のリスクマネジメントについて考えます。

会社を離れようとする従業員を引き止めるには限界がある

 SMAP解散報道を見ていると、華やかな世界にいる彼らですら、雇用者との関係に悩んでいたことがよくわかります。「タレントは商品」とも言われますが、結局は、一人ひとりが「契約社員」に過ぎなかったという事です。

 グループの解散が決定したSMAPですが、その前段階として、今年1月に報道された「独立疑惑」のスクープがありました。その後は生放送での謝罪を経て、所属事務所の社長より「解散はない」と、異例の発表も行われています。彼らに対して、独立を引き留めようとする動きがあったのは間違いありません。

 一般企業でも、主力社員が独立を図る時、当該社員を引き留めようと動くのはある意味当然の行為だといえるでしょう。その社員が同業で会社を興し、顧客を奪われてしまっては会社の存続にも問題が生じます。そのため、就業規定にて「競業禁止」を規定する企業がほとんどです。

 しかし、競業禁止の期間は、会社を離れた後1年程度が目安となっており、期限を超えれば元雇用側に退職者を縛る権限はありません。これ以上の厳しい禁止規定を用いても、裁判等では憲法第22条における「職業選択の自由」が優先される傾向にあります。会社からひとり立ちしようとしている社員を止めようとしても、どうしても限界があるのです。

「引き継ぎ」は一番大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
高島 ちなみ

高島 ちなみ

フリーライター。2012年より執筆活動を開始し、ビジネスコラム・グルメレポートなどを執筆。無類の図書館好き。趣味が高じて司書資格も取得。ライブラリアン・検索技術者として、WEB媒体向けのレファレンス支援も行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ