2017.10.3 (Tue)

テクノロジーでビジネスの現場が変わる!(第5回)

社会インフラを激変させる可能性を秘めた仮想通貨

posted by 水本 愛(みずもと このむ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 昨今、急速に注目を集めている仮想通貨。日本でよく耳にする仮想通貨といえば「ビットコイン」です。NHK『クローズアップ現代+』や日本経済新聞など、各種メディアで取り上げられることも多くなっています。

 仮想通貨は“巨額の利益”という投機面に関心が集まりがちですが、それ以外にも注目すべき点があります。それは仮想通貨の核となるテクノロジー「ブロックチェーン」です。本記事では、ブロックチェーンによって生じると予想されている各産業の今後を紹介します。

ビットコインはあくまで『仮想通貨』の一種

 仮想通貨は、硬貨や紙幣のようなかたちで実在するお金ではありません。ネットワーク上にあるデータのことで、データには仮想通貨の額、所有者移転などの取引情報が記録されています。

 そのデータ(取引データ)を、金融機関のような1つのデータベースで中央管理するのではなく、各コンピューターで管理する分散型であることが特徴です。

 世界で最初の仮想通貨といわれているビットコインが2009年に誕生した背景には、その前年にサトシ・ナカモトを名乗る人物によって発表された、データベース管理を分散型で行う「ブロックチェーン」という論文の存在がありました。

そもそもブロックチェーンとは何なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
水本 愛(みずもと このむ)

水本 愛(みずもと このむ)

理系出身のフリーライター・インタビュアー。国立大学理学部物理学科卒。5度にわたる転職経験を持つ。ジョブホッパーという生き方をポジティブに捉え、企業紹介、求人広告、SNSを活用した企業PR支援などを手がけている。企業経営陣へのインタビュアーとしても活動中。本好きが功を奏し、書評ライターとしてさまざまなジャンルの書評・コラムを多数執筆。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ