2016.10.7 (Fri)

目指せトップセールス!営業の必勝技術(第4回)

テレアポに飛び込み…新規開拓はどの方法がベスト?

posted by 鮎川 大

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 どのような企業であっても、新規顧客の獲得は重要な課題です。新規開拓にはさまざまな営業方法がありますが、その中でも代表的なのは飛び込み訪問・電話営業・メールなどでしょう。

 とはいえ、本来顧客の新規開拓に決まった形はありません。近年では、ネット社会の普及により、SNSを通じたアプローチや、ビジネス関連のセミナー・交流イベントなどに参加して宣伝・集客を行う営業方法も増えてきています。それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。それらを理解して組み合わせ、最大の効果を発揮させることが重要になります。

 今回は、営業スタッフが新規開拓を行うための方法を今一度見直し、最適なアプローチ方法は何なのか、考えなおしてみましょう。

飛び込み営業は意外と効果的? 新規開拓の常套手段を考える

 冒頭で触れた通り、一般的な営業活動の方法として、飛び込み訪問・電話営業・メールの3つが挙げられます。昔から行われてきた営業方法ですが、新規開拓においては、今でも有効な手段です。

 たとえば飛び込み訪問は、営業職では代表的な方法です。初対面でかつアポイントもなく訪問するため、相手先から迷惑がられることが比較的多い反面、インターネットが普及した今、相手の顔が見えるという点で安心感を与えられるというメリットがあります。また扱っている商材によっては、実物を資料と合わせて顧客に紹介できるため、特徴や強みを明確にアピールしやすいというのもメリットです。とはいえ、移動などで一社あたりに使用する時間・コストはもっとも大きくなります。

 飛び込み営業に続くスタンダードな営業手法としては、電話営業もあります。訪問前のアポイント取得を目的として利用される営業手段です。電話で直接会話をするため、メールよりも顧客別の案内ができるので精度は高いですが、顔が見えないため、訪問よりも信頼度・安心感には劣ります。声や話し方などで相手の人柄や雰囲気をぼんやりと掴むこともできるため、メールより訪問時の印象のギャップは少ないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
鮎川 大

鮎川 大

関西で活動する営業出身のフリーライター兼ディレクター。ビジネス系のコンテンツを中心に、医療・ファッション・食品・HPのトップページなど幅広い分野に精通。またサイトの運営・管理から外注のディレクションまで一貫して請け負い、コミュニケーションを重視するのが特徴。
http://writer-d.com/

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ