2016.7.15 (Fri)

ICTでコストを削減しよう(第2回)

5人にひとりが携帯端末の紛失経験あり!?

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

モバイルデバイスの一括管理は大変!

 外回りが多い営業にタブレットやスマートフォンなどモバイルデバイスを持たせることで、業務の効率化は一気に加速します。しかし、たくさんのモバイルデバイスを企業が一括管理するのは台数が増えるにつれ煩雑になります。特に注意したいのが、情報漏えいです。仕事で使うモバイルデバイスには、顧客情報や企業情報など漏えいすると企業生命にもかかわる大切なデータが入っていることも珍しくありません。モバイルデバイスの紛失、盗難、あるいは悪意のある社員による漏えいなどにも気を配る必要があります。

 さらに最近のモバイルデバイスは、機種が多様なことはもちろん、AndroidやiOSなどOSの種類・バージョンも多彩で、整備や管理が追いつかない企業も多いのではないでしょうか。

 ここでは、モバイルデバイスを効率的に管理する方法を考えてみましょう。

モバイルデバイス管理に有効なMDMとは?

 企業がモバイルデバイスを一括管理するシステムとして注目されているのが、MDM(Mobile Device Management)です。MDMは、遠隔から複数のモバイルデバイスを一元管理できるシステムで、大きく2つの機能を有しています。

 1つ目は、盗難・紛失時の情報漏えい対策。モバイルデバイスを盗難・紛失したら遠隔操作で即座にロックをかけることにより、情報漏えいのリスクを軽減します。また、リモートロックに加え、工場出荷時の状態に戻す(ワイプ)ことでより強固にリスクを回避できるシステムも存在します。

 2つ目は、不正利用の防止。スマートフォンなどは、アプリをインストールすることでさまざまな使い方ができます。しかし、業務のために支給しているものなので、プライベート使用はもちろん、悪意のあるアプリなどをインストールされてはたまったものではありません。モバイルデバイスを毎日目視でチェックするわけにもいかないので、これまでは社員の善意に任せるしかありませんでした。ところがMDMでは、特定アプリの使用禁止はもちろん、アプリのインストール自体を禁止する、カメラ操作を禁止するなど情報漏えいにつながりかねない行為を抑制できます。

 MDMサービス(製品)によってはこのほか、端末の管理や業務用アプリの一括配信など便利な機能を備えているものもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ

あわせて読みたい

close