マンガでわかる!会社を守る情報セキュリティ対策術(第4回)

人手が足りない!わが社の対策どこまでやるべき!?

posted by 坂本 ロクタク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 セキュリティについて取引先から新しい契約を求められる。あるいは、取り組み状況について確認を受ける。このようなケースが増えていないでしょうか。実際社内を見回せば、パソコン、スマホ、タブレット、FAX複合機……。セキュリティが問題になりそうな機器が目白押しです。セキュリティの確保が契約の前提になってきている現在、会社の規模にかかわらず真摯な取り組みが欠かせないといえるでしょう。とはいえ、セキュリティに詳しい人材もそうはいないし、専任スタッフを立てる余裕もなかなかないもの。いったいどのように、そしてどれくらいセキュリティ対策をしていけばいいのでしょうか。

さまざまな端末のウイルス対策ソフトと、設定や監視をまかせられる楽々パック
企業向けウイルス対策ソフトの決定版!

※まるごとアンチウイルスは、ダイワボウ情報システム株式会社の「ウイルスバスタービジネスセキュリティサービスPowered by DIS」です。
※FLET’S.comサイトへリンクします。

オフィスのIT問題、事前に予防+事後に対応
オフィスまるごとサポート (ITサポート&セキュリティ)

※NTT東日本 法人のお客さまサイトへリンクします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
坂本 ロクタク

坂本 ロクタク

1981年生まれ。京都出身。イラストレーター。大阪で服柄の仕事を中心に活動し、2005年に上京。その後、雑誌のイラストや看板・マンガ・広告等、さまざまな分野で活躍。現在は東京デザイナー学院の講師も務めており、生徒たちに絵の指導をしながら、自身の活動の幅も広げている。作品寄稿に『時代を切り開いた世界の10人 安藤百福レジェンド・ストーリー』(学研プラス)、『家庭でマスター! 中学生のスマホ免許』(誠文堂新光社)などがある。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ

あわせて読みたい

close