マンガでわかる!会社を守る情報セキュリティ対策術(第3回)

掛け声だけで終わるのは×!仕組みと環境作りの進め方

posted by 坂本 ロクタク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ECサイトを整備して、事業を新しい方向に拡大! といった作戦を考える会社は少なくありません。クラウドサービスなどを利用すれば、リーズナブルな新事業展開も可能になり、大きなチャンスといえそうです。が、ネットを使った事業には、セキュリティ問題が必ずついてまわるもの。新事業を進めると同時に社内の意識向上とシステム整備を進めることも欠かせません。掛け声だけで終わらせず、実効性のある仕組みとしては、どんなことができるのか、見ていきましょう。




WEBサイトを定期的に診断し、情報漏えいや不正な改ざんを早期に発見!
Webセキュリティ診断
サービス詳細はこちら
NTT東日本のサイトへリンクします。

情報セキュリティ対策はプロにお任せください!
社内ネットワークを常時モニタリングし、有事の際も復旧支援!
おまかせサイバーみまもり
◎本サービスはネットワーク上の脅威に対してそのリスクを低減させるための装置です。本サービスを導入することによりその脅威を完全に取り除くことを保証するものではありません。
サービス詳細はこちら
NTT東日本のサイトへリンクします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
坂本 ロクタク

坂本 ロクタク

1981年生まれ。京都出身。イラストレーター。大阪で服柄の仕事を中心に活動し、2005年に上京。その後、雑誌のイラストや看板・マンガ・広告等、さまざまな分野で活躍。現在は東京デザイナー学院の講師も務めており、生徒たちに絵の指導をしながら、自身の活動の幅も広げている。作品寄稿に『時代を切り開いた世界の10人 安藤百福レジェンド・ストーリー』(学研プラス)、『家庭でマスター! 中学生のスマホ免許』(誠文堂新光社)などがある。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


クラウドソリューション

ページトップへ

あわせて読みたい

close