2017.11.17 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第43回)

信用失墜したマクドナルドの、起死回生の地道な手段

posted by 大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 2014~2015年の日本マクドナルドホールディングス(以下マクドナルド)の業績は、2期連続の赤字という危機的状態にありました。原因は、2014年7月から2015年1月にかけて起きた期限切れ鶏肉の使用問題や食品への異物混入などの事件によるお客さまの信用失墜です。しかし、2016年になると業績はV字回復を果たしました。危機的状況を脱した施策とは、マクドナルドの原点である「人への回帰」に立ち返ったことだったのです。

ハンバーガーのパイオニアが不信感から赤字へ

 2016年度以降、マクドナルドの業績が好調へと持ち直しています。2016年の経常利益は66億1,400万円、2017年の経常利益(業績予想、第2四半期時点)は175億を見込んでいます。

 2014~2015年にかけてのマクドナルドは、大幅赤字という状態に陥っていました。2014年12月期の連結決算では連結純損益が218億円の赤字、翌2015年12月期には連結純損益347億円と、2期連続の赤字を計上します。赤字幅も2001年の株式上場以降で最大のものという、危機的状況に追い詰められていました。

 原因の1つは、食品管理に関する問題が次々と発覚したことです。2014年に中国・上海の食品工場で期限の過ぎた鶏肉が使用されていたり、その取り扱いが不衛生だったことを報道されたことが発端でした。その工場からマクドナルドはチキンマックナゲットの2割を仕入れているという事実が判明し、同商品の販売中止を余儀なくされます。

 その事件に対する会見で、社長兼CEOであるサラ・カサノバ氏が「マクドナルドも被害者だ」という趣旨の発言が波紋を呼びます。お客さまへの謝罪より、自社の弁明を優先したという印象を与えてしまったのです。

 2015年になると続けざまに事件が報道されます。まず、過去に青森県の店舗でチキンマックナゲットにビニール片が混入していたことが地方新聞に掲載されたのを機に、異物混入について報道やSNSによる投稿などで4件も取り上げられます。

 これらにより「高い」「汚い」「子どもに食べさせられない」などの声が広がり、マクドナルド離れが進行。その結果として、2年連続の赤字を計上するに至ったのです。

最悪の危機を脱する原動力は「人」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

塾講師、マーケ系情報コンサル等を経てフリーライターへ。企業のオウンドメディア、英語学習サイト、ニュースサイトを中心に執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ