2017.8.30 (Wed)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第36回)

“脱”孫請けを実現した中小企業から学ぶ成功の秘訣

posted by 津山 角雄/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 高い技術力を持った中小企業であっても下請けの下請けである孫請け業務が多いと、取引先や業界の盛衰に影響を受けやすい企業体質になりがちです。金属の精密切削加工事業を行なっていたスズキプレシオンも、1990年代までは孫請け業務が主を占めていたため、経営が不安定な中小企業の1つでした。

 同社はこれまでの経営状況を鑑みて、景気に左右されにくい業界、医療分野への参入を決断します。同時に孫受けからの脱却する経営体質の変革を試みます。新規参入と孫受けからの脱却には多くの障壁がありました。それでもスズキプレシオンは、自社の技術力や外部機関との連携で見事に障壁を克服し、現在は医療機器の分野で成功を収めています。

高い技術力が経営に反映されなかった孫請け時代

 スズキプレシオンは1961年に創業した、金属の精密切削加工を得意とする企業です。栃木県の中部に位置する鹿沼市にある同社は、1990年代までハードディスクドライブ部品や半導体製造装置、自動車部品などの金属部品生産の孫受けが事業の中心でした。

 チタンやステンレスといった切削加工が難しい素材にも対応できる高い技術力を持っていたため、半導体製造装置や自動車レースのF1カーの部品といった特殊な依頼も受けていました。どのような依頼であっても、断ることなく取り組むという姿勢や、元請けの思った通りの製品を作る技術力で高い評価が集まっていた企業です。

 しかし評価とは裏腹に、同社の業績は安定しませんでした。まずは1990年代のバブル崩壊から、大手製造業は人件費の安い国への生産拠点の移転を加速。これにより、同社の受注量は減少。特に事業の大部分を占めていたハードディスクドライブ関連は、業績が大きく落ち込みました。

 さらに追い打ちをかけるように、2001年には大口取引先の倒産により、負債を抱えてしまったのです。このような孫受け体質のため、経営は外部環境次第という不安定な状況が続いていました。

 このころから同社は、孫請け体質からの脱却を模索し始めていました。そこで景気に左右されにくい業界である医療分野への参入を決意します。あわせて孫請けから大手メーカーとの直接取引に転換するため、2005年から人材や設備などの体制を整え始めました。

法改正をチャンスと捉えて、新規参入を決断

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

津山 角雄/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

津山 角雄/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

某県の山間地で暮らすライター。パソコン関係はそこそこ詳しい50代男性。さまざまなジャンルをこなすが、地域の活性化対策には特に興味がある。過去のボランティア活動で、現場の意識変化の難しさを実感する。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ