2017.8.25 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第35回)

レッドブルが差別化と優位性を実現したマーケ戦略

posted by 山下 正之助

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 レッドブルは、エナジードリンク市場において世界で60億本以上もの販売実績(2016年時点)を持つ企業です。飲料メーカーで世界的な企業といえばコカ・コーラやペプシコ、国内はサントリーやアサヒ、伊藤園などのように歴史のある企業が多くを占めています。1980年代半ばにオーストリアで創業した新参者であるレッドブルが、短期間で60億本以上という販売実績を持つ企業に成長できたのには理由があります。

 同社が世界的な成功を収めたのは、創業者のディートリッヒ・マテシッツが従来の常識にとらわれないブランド・マーケティング戦略を実践してきたからです。

製造・流通は委託し、マーケティングが主業務

 レッドブルはオーストリア人のマテシッツ氏が、タイの清涼飲料メーカーとライセンス契約した清涼飲料水を、1987年にエナジードリンクとして発売しました。じつはレッドブルは、商品の製造や流通は他社に委託しています。それらの代わりに、レッドルブルはブランド・マーケティングに注力しているのです。

 マーケティングに関する戦略は、多くの企業が代理店に委託し、宣伝やイベントなどのプロモーションを展開しています。プロモーションは、代理店がリサーチした情報を元に行うのが一般的で、多くの目的が「商品の告知」です。そのため広告を出稿する媒体は、多く人が目にするテレビや雑誌、スポーツなど、人気や認知度ある媒体がターゲットになります。

 マテシッツ氏はレッドブルの販売を始めた1987年から、ブランド・マーケティングに関する業務を自社が中心となって行ってきました。同氏は商品の告知という目先の戦略ではなく、ブランドを確立させることを意識していたのです。そのため、商品を従来のカテゴリーに当てはめるのではなく、新しいカテゴリーの確立に挑みます。

新カテゴリーを確立させたプロモーション戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

山下 正之助

山下 正之助

国公立の美大卒業後、大手広告代理店などでクリエイターとして勤務。現在はフリーライターとして活動中。アートに関するキュレーターコラム、ビジネスコラムなど執筆多数。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ