2017.7.21 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第33回)

スズキが無謀と言われたインド進出で成功した理由

posted by 村上 哲也

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本の自動車メーカーは、2016年の世界市場の販売台数で1位のトヨタグループ(トヨタ、ダイハツ工業、日野自動車)を始め、10位までに4社(グループ)が入っています。日本の自動車メーカーは世界トップレベルばかりで、ほとんどが海外進出をしています。その中には進出した国の自動車市場形成に重要な役割を果たしたメーカーがあるほどです。

 前述の販売台数で世界10位を記録しているのが、静岡県浜松市に本社をおくスズキです。スズキは、2016年のインドの自動車市場において37.9%という圧倒的なシェアを占めています。世界1位のトヨタグループでさえ、インドでのシェアは3.6%に過ぎません(インド自動車工業会調べ)。スズキは国内の軽自動車市場で、34年連続販売台数1位を記録するなど、限定された市場で多くの成功をのこしてきた企業です。スズキはどのような戦略で成長と成功を成し遂げてきたのでしょうか。

スズキのNo.1戦略は価格破壊からだった

 スズキは、糸を布にする織機メーカー、鈴木織機製作所として、1909年に静岡県で創業します。第二次世界大戦後の1952年にオートバイメーカーへと転身し、1954年には鈴木自動車工業に社名変更。1955年には自動車メーカーとなり、1990年に現在のスズキへ社名変更しています。

 自動車はナンバー登録をする際に、車体の大きさやエンジンの排気量などによって種別されます。その中に小型で自動車税が安い軽自動車という規格があります。その軽自動車でスズキは他社よりも低価格という路線を採用し、市場1位の販売台数を1973年から2006年までの34年間維持してきました。

 低価格を維持するためにスズキは、工場内の電気代や原材料など各分野で徹底的なコストダウンを図っていました。1978年には47万円でアルトという軽自動車を販売します。当時の軽自動車は60万円が相場という常識を覆した商品で、スズキの軽自動車市場No.1というポジションの礎となります。

軽自動車市場No.1からの陥落

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

村上 哲也

村上 哲也

コンサルタント兼ライター。ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。
http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ