2017.5.18 (Thu)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第28回)

金鳥が独自展開する、インパクト重視の宣伝戦略とは

posted by 高島 ちなみ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本の夏の風物詩と聞くと、渦巻き型の蚊取り線香を連想する人も多いでしょう。その渦巻き型の蚊取り線香を発売している金鳥といえば、一風変わったコマーシャル(以下CM)広告を打ち出す企業として広く知られています。

 美空ひばりが「金鳥の夏、日本の夏」と歌うCMや、山瀬まみがピンクの河童の被りもので登場するものなどは、視聴者に強いインパクトを残しています。金鳥はなぜ、目を惹きつけるようなCMを数多く打ち出してきたのでしょうか。その宣伝戦略に至った経緯を紹介します。

一番でありたいという思いを込めた商標

 「金鳥」は、殺虫剤・虫除け、家事・掃除用品などの家庭用、業務用製品を展開している会社で、正式な社名は「大日本除虫菊株式会社」といいます。創業者の上山英一郎氏が1890(明治23)年に棒状の蚊取り線香を発売し、1905(明治38)年に会社を設立しました。

 「金鳥」は商標として登録されている同社の赤い鶏のマークが由来です。鶏を商標にしたのは、中国の歴史書『史記』の一節である、「鶏口と為るも牛後と為る無かれ」という故事を創業者の上山が座右の銘にしていたことが起源です。上山はこの故事の「大きな牛の尻尾として生きるより、小さくても鶏の頭になるべき」という意味を、業界の先駆者として「鶏口」になるべき自覚と気概を持ち、その「一番」になる決意を示すために赤い鶏=金鳥を、1910(明治43)年に商標としたのです。

 そこで金鳥が一番になるために打った手は、「CMによる宣伝戦略」です。

CMにクレームがきても謝らない理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

高島 ちなみ

高島 ちなみ

フリーライター。2012年より執筆活動を開始し、ビジネスコラム・グルメレポートなどを執筆。無類の図書館好き。趣味が高じて司書資格も取得。ライブラリアン・検索技術者として、WEB媒体向けのレファレンス支援も行う。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ