2017.4.28 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第26回)

大手銀行を凌ぐ業績、西武信用金庫を変えた意識改革

posted by 山田雄一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「西武信用金庫」という金融機関をご存知でしょうか。決して母体は大きくないものの、この数年間で業績を大きく伸ばしており、話題となっています。

 西武信用金庫の営業エリアは、さほど広いとはいえません。東京都を中心に店舗展開しており、そのほかは埼玉県の所沢市・入間市、神奈川県の相模原市に数店舗ある程度です。

 そんな西武信用金庫が、なぜ数年で業績を大きく伸ばすことができたのでしょうか?

大手銀行に引けを取らない信用金庫がある

 西武信用金庫の業績は、ほかの信用金庫だけでなく、大手金融機関にも引けを取りません。預貸率(預金に対する融資の比率)は76.05%と、信用金庫業界の平均47%を大きく上回るのはもちろん、大手銀行9行の平均値である65.05% よりも上回っています(数値は2016年3月期、以下同じ)。さらに、金融機関における健全性の指標のひとつである不良債権比率は1.74%と、業界の中ではかなり低いのも特徴です。

 業績はここ数年増益を続けており、2015年6月には日本格付研究所より、「A+」という、信用金庫では極めて高い評価を受けています。新卒学生の志願者も増加しており、競争倍率は一説によれば100倍を超えるとも言われています。

 しかしそんな西武信用金庫も、2010年頃までは特に良い業績を残していたわけではありません。2010年3月における不良債権比率は3.64%と高めで、また同時期の融資額も前年と同程度かそれを下回る数値で推移していました。

 そんな折、現在も理事長を務める落合寛司氏が、西武信用金庫の意識改革に着手します。

50代職員のミスと定年職員の「まだ働ける」をどう解決する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

山田雄一朗

山田雄一朗

筑波大学大学院で経営工学の修士号を取得した後、IT企業で営業として5年の職歴を経験。リサーチ力を強みとしたライターとして活動中。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ