2017.1.24 (Tue)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第19回)

「雪印」ブランド、その転落と復活の物語

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 「雪印」といえば、日本の乳業メーカーのひとつ。大正時代に創業した老舗ブランドで、雪の結晶を模したシンボルマークで有名です。

 しかし2000年、ある事件をきっかけに、“雪印”というブランド価値は大きく落ち込みました。今回は、雪印ブランドの転落の理由と再建までの道のりを紹介します。

「私は寝てないんだ」発言となりやまない電話

 2000年6月、雪印乳業の大阪工場で製造された低脂肪乳を飲んだ人が、次々に食中毒を起こすという前代未聞の食中毒事件が発生しました。原因は、停電により9時間以上冷却されずに放置され、有害菌が発生した脱脂乳を、廃棄せずにそのまま使用したことでした。

 この事件が起きた当初、幹部陣にはさほど緊迫感がなく、すぐに公表しませんでした。これが事態の悪化を招きます。製品の自主回収が滞り、被害は近畿地方を中心に広い範囲にまで及んだのです。その被害者数は1万人を超えるほどでした。

 しかも、事件が公になった時点でマスコミの前に立った社長(当時)は「私は寝てないんだ」と発言。これがメディアで繰り返し取り上げられ、瞬く間に大事件へと発展しました。安全管理の甘さ、危機管理広報における脇の甘さにより、伝統の「雪印」のブランドはその信用を完全に失墜。もはや回復不能と言われるまでに至りました。

雪印ブランドをさらに追い込んだ「牛肉偽装」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ