Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.10.21 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第13回)

「ウイダーinゼリー」不測の事態を挽回した決断力

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ゼリー飲料の草分け的存在である「ウイダーinゼリー」。1994年の発売から20年以上たった今でも安定した人気を誇っています。しかし2014年、大幅なリニューアルが失敗し、売上が落ち込んだことがありました。

 今回は、わずか4ヶ月でリニューアルの見直しを行い、挽回に成功した森永製菓の決断を取り上げます。

ロングセラー「ウイダーinゼリー」に失速の過去

 2016年4~6月の森永製菓は、売上・利益ともに過去最高でした(売上高476億円、営業利益52億円)。なかでも「チョコモナカジャンボ」「ダース」と並ぶヒット商品である「ウイダーinゼリー」の売上は前年同期比28%増で、全体を牽引する好調な業績を上げています。

 ウイダーinゼリーが誕生したのは、冒頭で触れたとおり1994年のこと。これまで清涼飲料水としてのゼリー飲料はありましたが、栄養補給を目的としたゼリー飲料はなく、革新的な商品として登場しました。そして1999年、SMAPの木村拓哉さんが出演した「10秒チャージ、2時間キープ」のCMで注目を集めます。現在、栄養補給ゼリー飲料は各社から多くの種類が発売されていますが、その背景にはウイダーinゼリーの大ヒットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ