2016.9.20 (Tue)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第11回)

“昔ながらの喫茶店”コメダ珈琲が人気の理由

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 海外の人気チェーンが上陸するなど、各社が熾烈なシェア争いを繰り広げている喫茶店業界ですが、昔ながらの日本の喫茶店スタイルでファンを増やしている店もあります。“名古屋式”の喫茶店チェーン「コメダ珈琲」です。全国に店舗を展開しており、この8月で国内700店舗を達成しています。

 コメダコーヒーはもともと、1968年に名古屋市で開店した街の小さな喫茶店で、そこから徐々にフランチャイズ展開を進めていきました。しかし、2000年代のはじめ頃までは、名古屋近辺の出店が中心でした。

 名古屋の街の喫茶店が、日本を代表する喫茶店にまでのぼり詰めた理由は、どこにあったのでしょうか。今回はコメダ珈琲の成長の理由、人気の秘密について取り上げます。

“昔ながらの喫茶店” がなぜ国内700店舗を達成できたのか

 コメダ成長のきっかけとなったのが、2008年の株式売却でした。創業者である加藤太郎氏は、同年にコメダの全株式を投資ファンドのアドバンテッジパートナーズに売却。2013年には同ファンドが、アジア系の投資ファンド「MBKパートナーズ」に転売しました。コメダの成長に拍車がかかったのはこの頃からです。2009年には335店だった店舗が、2016年2月末時点で676店と、ほぼ倍まで増えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ