元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第9回)

無印良品 どん底からの復活

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ここ10年間、売上高を伸ばし続けている無印良品。2007年に1,570億円だった売上高が、2016年には3,075億円になり、2倍近く成長しています。しかし、そんな無印良品もかつては、経営危機を経験しています。「無印の時代は終わった」とまでいわれた同社が、V字回復することのできた取り組みを取り上げます。

経営危機に陥った過去と業績悪化の原因

 西友のプライベートブランドとして誕生した無印良品。創業以来10年間、右肩上がりの成長を続け、一時代を築いたといっても過言ではありません。しかし2001〜2003年には業績が悪化、営業利益は半減し、経営危機に陥ってしまいます。業績悪化の原因は、成長への慢心、経営戦略の失敗、ブランドの弱体化などが考えられました。

 どん底の2001年に社長に就任した前会長の松井忠三氏が、まず取り組んだのはマイナスをなくすこと。赤字店舗の閉鎖、在庫の焼却処分などを実行します。しかし、マイナスをなくすだけでは、経営の回復は見込めません。業績悪化の原因を改善していかなければなりませんでした。

復活への取り組み①〜商品力の回復

 業績悪化の最も大きな原因となっていたのが、無印ブランドの弱体化。当時の無印良品は消費者が求める商品を提供できていなかったため、顧客が離れていたのです。そこで商品力を回復するために、「モノづくりコミュニティー」をサイト上に開設。消費者が参加する商品開発プロジェクトが誕生します。この取り組みが支持され、V字回復へとつながります。

 「モノづくりコミュニティー」は、2009年に「くらしの良品研究所」へリニューアルし、現在も消費者と共に商品開発する姿勢が受け継がれています。今や自分たちの意見を吸い上げてくれるブランドとして認知され、根強いファンの獲得につながっているのではないでしょうか。

復活への取り組み②〜社風改革

 業績が悪化した頃の無印良品は、創業以来の好調が慢心を生み、他企業の研究さえ行わない大企業病に陥っていました。こうした社風を変えるために、松井前会長が最初に進めたのが「朝のあいさつ当番」。そんなところから……と感じるかもしれませんが、基本的なあいさつでさえ満足にできない状況だったのでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ