2016.7.27 (Wed)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第6回)

連日大行列「いきなり!ステーキ」大躍進の理由

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ランチタイムやディナータイムで大行列となっているステーキ店「いきなり!ステーキ」。次々と新店舗をオープンさせており、月商4,000万円を叩き出す店舗もあるという「いきなり!ステーキ」について、大繁盛の理由を探ります。

立ち食いステーキ店に長蛇の列

 「いきなり!ステーキ」は、厚切りの高級ステーキが格安で食べられる、立ち食いスタイルのステーキ店で、「ペッパーランチ」を展開するペッパーフードサービスが経営しています。2013年12月、銀座4丁目に開店した1号店は、約20坪30席の小さな店舗にもかかわらず、初月で月商3,000万円を叩き出したといいます。近隣地域に店舗が増えた現在でも、その勢いは衰えていない様子です。

年間30店舗を超える出店ラッシュ

 注目されるのは、大行列や売上だけではありません。「いきなり!ステーキ」の出店スピードは、驚異的ともいえます。2013年末に銀座に1号店をオープンした翌年は、首都圏、大阪に30店を出店。2015年は地方都市にも進出し、最近ではショッピングモールのフードコートにも出店しています。そして2016年6月末、わずか2年半ほどのあいだに91店舗にまで成長しました。

 都心では立ち食いにこだわった「いきなり!ステーキ」ですが、フードコートでは共有スペースに座って食事ができます。立ち食いに抵抗のあった人や、家族連れなど新しいターゲットをつかむことができたようです。

 フードコートにある店舗の売上は、平均して月商3,000万円にもなるとか。中には月商4,000万円を稼ぐ店舗もあるそうです。

「いきなり!ステーキ」が人気の理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ