2016.5.13 (Fri)

元気な企業はどこが違う?成功企業の戦略とは(第1回)

ニッカウヰスキーが国内外で好調の理由

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 長く低迷していたウィスキーですが、ハイボール人気もあり再び注目されています。なかでもニッカウヰスキーの売り上げが好調です。朝ドラ効果で注目された国内市場と、輸出量を大幅に伸ばしている海外市場。それぞれの背景とともに、ウィスキー固有の将来を見据えた戦略を取り上げます。

ニッカウヰスキー好調の秘密は「マッサン」効果!?

 2014年9月からNHK朝の連続小説で、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴正孝をモデルにした「マッサン」が放映され、ウィスキーへの注目が高まりました。中でも「竹鶴」は大人気で、前年比300%を超えるほどの売れ行きだったとのこと(参考:AERA2014年11月10日号)。その他のブランドも好調で、ドラマ放映時は前年比150%アップの売り上げでした。

 放映後もウィスキー人気は落ちることがなく、翌年はさらに売り上げが伸びたそうです。どうやらドラマによる一過性の人気ではなく、ドラマをきっかけにウィスキーを手にした人がコアユーザーに変わったようです。

海外は国内以上の盛り上がり

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ