2017.2.6 (Mon)

もっと税金を知ろう!(第9回)

決算期直前でもできる節税テクニック

posted by 町井 徹

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 予想外の業績上昇はありがたいことですが、それが決算期を控えた時期であった場合は、納税額が増えるため、手放しでは喜べません。そんなときは、決算前にできる節税テクニックを使って負担を軽減しましょう。

 ここでは、年度の突出した税負担を防ぐ、代表的な5つの方法を紹介します。

方法その1「短期前払費用」

 「前払費用」とは、継続的なサービスを受ける費用のうち、事業年度内ではまだサービスの提供を受けていない費用のことです。家賃を例にとるとわかりやすいでしょう。来月分の家賃を今月に支払うことで、まだサービスを受けていない費用を前払いしたことになります。

 前払費用は税法上、損金に算入することができませんが、例外があります。それは支払った日から1年以内にサービスの提供を受けるものであれば、損金として算入できるという規定です。これを「短期前払費用」といいます。仮に次年度分の年間家賃120万円を今年度に支払えば、120万円分を損金として追加でき、そのぶん所得も減るので税負担が軽減されます。

 このときに注意しておきたいのが、税負担は減るものの、当座の資金が減ることです。思わぬ黒字で余剰資金があるときはいいかもしれませんが、安易に用いると資金繰りショートを招く恐れもあります。

方法その2「特別償却」と「税額控除」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
町井 徹

町井 徹
【記事監修】

公認会計士、税理士。税理士法人はやぶさ会計代表社員、株式会社はやぶさコンサルティング取締役副社長、はやぶさ監査法人代表社員。一橋大学社会学部卒業後、三井信託銀行株式会社(現中央三井信託銀行)入社し、事業会社融資業務に従事。その後、監査法人などを経て、株式会社PAS(現はやぶさコンサルティング)設立に参画し、国内金融機関・上場会社への会計・税務等アドバイザリー業務などに従事する。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ