スマートフォンを活用した働き方改革とは?(営業支援編)

“外回りが多い”を“連絡がとれない”にしないコツ

posted by 坂本 ロクタク

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 営業スタッフが外回りで顧客開拓や顧客のニーズを探ってくることは、重要な任務です。しかしその結果、大事な顧客から営業担当者に連絡が取りづらい、などと思われては逆効果。外出が多いスタッフでも、不自由なくやり取りを可能にするには、どんな方法が考えられるでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
坂本 ロクタク

坂本 ロクタク

1981年生まれ。京都出身。イラストレーター。大阪で服柄の仕事を中心に活動し、2005年に上京。その後、雑誌のイラストや看板・マンガ・広告等、さまざまな分野で活躍。現在は東京デザイナー学院の講師も務めており、生徒たちに絵の指導をしながら、自身の活動の幅も広げている。作品寄稿に『時代を切り開いた世界の10人 安藤百福レジェンド・ストーリー』(学研プラス)、『家庭でマスター! 中学生のスマホ免許』(誠文堂新光社)などがある。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ

あわせて読みたい

close