2016.4.25 (Mon)

すぐできる!営業強化(第1回)

情報を共有し、全社一丸で営業力強化できる簡単な方法

posted by 中村 俊之

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 新規顧客を開拓していくにあたってキーのひとつになるのが、コネクション。担当者や担当部署に直接連絡がとれるなら、営業担当にとっても大きな足がかりになります。コネクションを共有し、全社が一丸となって営業力強化を進めるための簡単な方法があります。

ネットワークやコネクションを共有できているか

 営業力の強化は、どの会社にとっても喫緊の課題です。営業手法の見直し、商材の追加、人員拡充など様々な対策が考えられますが、中でも即効性があり、かつスタッフからのニーズも高いのが、営業先情報の共有です。

 社内スタッフの結節点にいる、部長や役員になれば、どういった顧客を誰が(あるいはどのセクションが)抱えているか、見えているところもありますが、現場のスタッフそれぞれは、なかなか横のつながりは作れないもの。誰に何を聞けばいいかもよくわからないまま孤軍奮闘になっていることもしばしばです。だからこそ情報の共有が求められます。横のつながりを強化できるのは、管理職や役員の役割。社内で情報を活発に流通させられるようになれば、現在の営業セクション内の情報だけでなく、過去の情報や役員たちの人脈が役に立ったり、営業セクション以外からも親戚、友人知人といった伝手が出てくるかもしれません。

 アタックしたことがある相手なのか、キーになる人を直接知っていたり、紹介してくれる人につながりがないか……。最前線のスタッフにとっては値千金の情報です。こういった情報を共有できているでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
中村 俊之

中村 俊之(中村社会保険労務パートナーズ
【記事監修】

特定社会保険労務士、中村社会保険労務パートナーズ代表。1954年、東京都生まれ。2005年、社会保険労務士登録、同年に「中村社会保険労務パートナーズ」(文京区本郷)設立、代表として現在にいたる。30年以上にわたり人事・労務一筋に携わり、人事労務相談・研修講師・人事制度設計・書籍の執筆監修等を行っている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close