ICTで業務を効率化(第16回)

「使えない社内システム」からの脱却はクラウドで

posted by 佐京 正則

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 社内システムの構築・運用を独自で行うには専任の人材が必要となり、人件費をはじめとしたコストがかかります。また「とりあえず動けばOK」程度の社内システムは、業務関係資料の増加についていけず、業務を停滞させてしまう可能性すらあるのです。こういった「使えない社内システム」を作らないためにはどうしたら良いのでしょうか。そのカギはクラウドサービスが握っています。

非ICT企業が社内システムを構築するということ

 社内システムは、文字通り社内に向けてサービスを提供するシステムを指します。社内システム構築の主な目的は「業務効率化」「生産性向上」「コミュニケーションコスト削減」の3点に集約されます。社内システムを構築すれば、例えば手書きの伝票をデータとして作成できるようになるでしょう。また、部門間でデータのやり取りが簡単になり、離れたフロア同士でも円滑かつ迅速な連絡が行えるといった効果も期待できます。

 一方で、デメリットもあります。特に本業がICTではない企業の場合、社内システムの構築・運用にかかる手間は無視できません。社内システムの構築・運用には人材の調達(もしくは教育)、機材(サーバーやネットワーク機器)の調達、ライセンス管理、障害発生時の保守ベンダー対応などが含まれます。もちろん、こういった業務をこなせる人材が複数存在しているのなら、それほど心配はいりません。

 しかし、専門知識のない社員を担当者に任命し、何とか動く社内システムを構築した場合、良い結果を生むとは言い難いです。実際、「とりあえず作った」という形の社内システムが、無理矢理動かされているケースは珍しくありません。それどころか、業務の拡張や変化に社内システムがついていけず、誰も全容を把握していないブラックボックスが完成することもあります。はたしてこのような社内システムは、本当に「使える」システムなのでしょうか。

とりあえず設置した社内システム、本当に使えていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

佐京 正則

佐京 正則

法学部を卒業後、IT業界にて約10年間、エンジニアやERPコンサルタントとして勤務。2015年よりフリーライターとして活動し、主にIT系ビジネスや不動産投資、社会人の転職事情などについて執筆中。文理両方の知見を活かし、テクノロジーとビジネスが結びついた話題を得意としている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ

あわせて読みたい

close