ICTで業務を効率化(第15回)

手軽さと堅牢性の両立を、クラウドサービスで実現!

posted by 佐京 正則

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 クラウドサービスが普及し始めて数年が経ち、導入する企業も珍しくなくなりました。しかし、クラウド型はオンプレミス型(自社所有型)に比べるとセキュリティ面で課題があると考え、導入に踏み切れない経営者が多いことも事実です。そこでクラウド型とオンプレミス型を比較しながら、オンプレミス型と同様の堅牢性をどう確保するかを考えます。

クラウド型かオンプレミス型か?その決定的な差は?

 自社内のITインフラをオンプレミス型からクラウド型へ移行する企業が増えています。その理由としては、「初期コストが低い」「ハードウェアの調達期間が短い」「運用管理の手間や労力が少ない」「スケーラビリティ(拡張可能性)が高い」などが挙げられます。これらはクラウド型のメリットとして語られることが多く、実際にコスト削減対策として有効です。

 一方、デメリットとしては「カスタマイズのパターンが少ない」「ネットワークセキュリティの脆弱性」などがあります。

 対してオンプレミス型は「自社所有ゆえのきめ細やかなカスタマイズ性」「クローズドネットワークにあることで堅牢性が高い」などがメリットで、「調達や障害対応コストが大きい」ことがデメリットといえます。一般的にはコスト面でクラウド型が優れる一方、カスタマイズ性と堅牢性ではオンプレミス型が勝利するという認識が強いのではないでしょうか。

 しかし、この差は年々縮まりつつあります。特に堅牢性と安定性が最重視される「基幹システム」の分野にクラウドが進出したことは、大きな変化です。この変化は、クラウドの利用拡大が一層進むことを示唆しているといえるでしょう。

基幹システムにも波及するクラウド移行

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

佐京 正則

佐京 正則

法学部を卒業後、IT業界にて約10年間、エンジニアやERPコンサルタントとして勤務。2015年よりフリーライターとして活動し、主にIT系ビジネスや不動産投資、社会人の転職事情などについて執筆中。文理両方の知見を活かし、テクノロジーとビジネスが結びついた話題を得意としている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ

あわせて読みたい

close