ICTで業務を効率化(第13回)

在宅勤務は情報漏えいと紙一重!?正しい環境づくりを

posted by 久保 靖資

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 働き方改革の推進により、在宅勤務を推進する企業が増えつつあります。そこで注意したいのが、社員の自宅でのネットワーク環境です。自宅から会社のサーバにある重要データへアクセスする場合などは、セキュアなネットワーク環境が整っていないと情報漏えいなどの不安を拭えません。在宅勤務で、セキュアなネットワーク環境を実現する方法の1つとしてVPNを紹介します。

働き方改革で、ネットワークのセキュリティも変化

 少子高齢化が進む日本において、労働力人口の減少をいかに食い止めるかが大きな課題として取り上げられたのは、2016年のことです。同年、安倍首相は「働き方改革実現推進室」を設置して、働き方改革の推進を開始しました。働き方改革とは「一億総活躍社会」の実現に向けた取り組みの1つで、女性や高齢者も含めた労働者視点で新たな働き方を創り出すことにより、将来の労働力不足を解消しようという試みです。

 すでに多くの企業がこの理念を共有し、新しい働き方を実現する施策づくりに取り組んでいます。中でも長時間労働の解消は、働き方改革の柱の1つ。その解決策として、よりストレスの少ない労働環境の整備として実践され始めているのが「在宅勤務制度」です。出社には、生産性に寄与しないのに、大きなストレスがかかる「通勤」が必要です。出社の必要がなければ通勤はなくなり、身体的・精神的に快適な状態で働けるようになります。また在宅勤務制度なら、主婦や高齢者、障がいを有する人などにも活躍の場が開けると考えられています。

 それを裏付けるように、トヨタ自動車をはじめとして、さまざまな企業がこの在宅勤務制度を実施し始めており、今後の拡がりも期待されています。

 在宅勤務を実現するには、「情報セキュリティ」への取り組みが企業にとっての課題となります。

 インターネット社会となり、企業内からの情報漏えいが社会的問題となって久しく、数年前までは端末や外部メモリなどで社外への情報データの持ち出しを禁ずる傾向が強くありました。

 しかし、近年はモバイル端末の高機能化、有効性の向上により、社員の私物スマートフォンなどを社内外で利用するBYODの実施も止むなしとされる傾向にあります。また、在宅勤務の実施においては、企業内に保管された情報データに対して自宅からアクセスすることも必然的に発生します。

 在宅勤務には、自宅から企業内情報データへアクセスした際に、セキュリティを確保したネットワークが必要となります。その対策の1つがVPNになります。

在宅勤務者も安全にアクセスできるVPN

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

久保 靖資

久保 靖資

IT系出版社にて編集業務、ゲームメーカーにてゲームディレクション業務に携わった後、エディトリアル・ウェブデザイナーとして独立。現在、コンテンツ企画から制作・運用までワンストップサービスを提供する株式会社エクスパに参加し、主にウェブコンテンツ開発・運用・コンサル等に従事。個人事業として、IT情報関連の著作、編集業務も行う。東京グラフィックデザイナーズクラブ“TGC”会員。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close