2016.6.13 (Mon)

ICTで業務を効率化(第3回)

ソフト不正利用は2割!企業はIT機器の徹底管理を

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

IT機器管理の重要性

 ソフトウェアの業界団体・BSAによると、日本のソフトウェア不正使用率は2003年の29%から2013年には19%と改善しています。しかし、まだ2割近いユーザーが不正使用をしており、このまま放置しておくと莫大な損害賠償を求められる場合もあります。このようなライセンスを含め、ソフトウェア・ハードウェアを一体的に管理することをIT資産管理といい、今日の企業では不可欠な業務のひとつとなっています。

 これらの管理を怠ると、前述したように損害賠償を求められたり、また、ムダなIT機器の購入などの浪費にもつながってしまいます。ここでは、IT資産管理についてみてみましょう。

IT資産管理は並大抵のことではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ