2016.4.21 (Thu)

ICTで業務を効率化(第2回)

紙のマニュアルより伝わる社員向け動画を作ろう!

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 社内の作業マニュアルや新入社員のための研修資料は、文書で作成するケースが多いでしょう。しかし読みやすくなるようにイラストや図表を活用しても、なかなか読んでもらえないと嘆いたことはありませんか。それであれば、いっそのこと動画で作ってみてはいかがでしょう。ここでは、マニュアルや資料の動画化について解説します。

動画なら、ほんの数分で理解してもらえる!

 まず、紙ベースのマニュアルのデメリットを考えてみましょう。例えば新入社員などに渡す企業ルールなどが書かれたマニュアルの場合、渡すだけではなく総務などの担当者が説明をします。いわば、担当者は新入社員が入社するたびに同じ説明を繰り返すのです。また作業マニュアルの場合、いくらテキストで細かく説明し、イラストなどを載せたとしても、動きまで表現することが難しいため、実演することも必要になってきます。ここでも同じことの繰り返しが発生します。マニュアルごとに担当部署が違えば、調整の手間も生じます。

 その点、動画なら流しておくだけなので、担当者は最初と最後だけ同席すれば済みます。また、説明が苦手な担当者であった場合、相手の理解度に不安を覚えてしまいますが、動画なら一定の品質を保って内容を伝えることができます。加えて、クラウドサーバー上にアップすれば時間・場所を気にすることなく閲覧することが可能になり、わからないことがあったら何度でも復習できるのも魅力です。

 「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、テキストより動画のほうが情報がより多く伝わります。読むのに10分以上もかかるマニュアルでも、3分程度の動画に収められるかもしれません。これは読む側にとっても、負担の軽減となります。

動画マニュアル作りにチャレンジしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ