2016.4.14 (Thu)

ICTで業務を効率化(第1回)

ICT機器のクラウド化でコスト削減

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

TCO(総所有コスト)を見直そう

 昨今の会社経営で経費を圧迫しているもののひとつにTCO(総所有コスト)があります。なかでも現代の企業には不可欠となっているICT機器は、買っておしまいではなくハードウェアおよびソフトウェアの保守管理、また定期的な更新がどうしても必要となり、企業の経営にこれらの負担が重くのしかかっているのが現状です。

 これらをクラウド化することにより、経費削減ができる…、というのは本当でしょうか?

クラウド化によるメリットが広がっている

 クラウド化でまず思い浮かぶのは、データをクラウド上に保存するということでしょう。これにより、全国のどの拠点からでも瞬時に同じデータを取り出せるようになりました。また、自社で管理するとデータクラッシュなどでデータが消失する危険もありますが、クラウドなら幾十にも対策がされているほか、データのバックアップも常にとられているので安心です。

 ここで忘れてはならないのが、クラウド化により、サーバやストレージ、ネットワークなど自社で管理するハードウェア、つまりTCOが大幅に削減されていることです。加えて、サーバルームなどスペース面を考慮することもほとんど必要なくなりました。また、運用に関する管理者もほぼ不要といってもよいでしょう。データをクラウド化するだけで、運用がかなりスリム化したことになります。つまりデータのクラウド化により、企業のICT資産の様相は以前に比べ大きく変貌をはじめたのです。

ICTからさらに広がるクラウド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ