ビジネスを成功に導く極意(第22回)

中国が欲する日本サッカー育成術とビジネスの共通点

posted by 藤原 裕久

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 世界第1位の人口と世界第2位の経済力を持つ中国ですが、日本への観光客数は現在も増加中で、その勢いはまだまだ続きそうです。

 そんな中国で2015年に発表された政策が、世界中のサッカー関係者の注目を集めました。それが国内スポーツ産業の活性化を目的とした「サッカー改革発展総合計画」です。熱烈なサッカーファンで知られる習近平国家主席の肝いりで策定されたこのプランは、国策としてサッカーを強化することをうたっています。

 このようにサッカーの強化を国家戦略として進めている中国サッカー界で今、熱い視線を集めているのが、日本サッカー界が持つ選手の育成・教育システムです。

発展する中国サッカーが直面する指導者不足

 中国にはアジアを代表するサッカーリーグがあります。その名は「中国スーパーリーグ」。予算や規模はアジアの枠を大きく超えた文字どおりのスーパーリーグです。

 世界で最も資金力のあるリーグといわれており、その予算は破格です。日本で最も人気のあるJリーグチーム、浦和レッズの年間予算(営業収入)が約66億円と発表されているのに対し、中国スーパーリーグに所属する上海緑地申花足球倶楽部の年間予算は、筆者がチームの副社長らに行なった取材によると日本円で300億円以上でした。

 中国スーパーリーグに所属するチームの多くは、豊富な資金力を背景に、海外の有力選手や指導者を獲得しています。またアジアのサッカークラブの王者を競うAFCチャンピオンズリーグでは、ここ5年間で、2度も中国スーパーリーグのチームが王座に輝いています。また昨年は、リーグの1試合平均の観客動員数が、ドイツ、イギリス、スペイン、メキシコに次ぐ世界第5位にまで成長しています(Jリーグはトップ10位圏外)。

 しかし中国スーパーリーグのチームが外国籍選手の活躍でアジアを席巻する一方、中国代表チームは、オリンピックやワールドカップのアジア予選を突破することができずにいます。また中国代表は激しいプレースタイルのため、ファンからも厳しい批判にさられることが珍しくありません。

 代表チームが苦戦する最大の理由は、2000年代に発覚した中国スーパーリーグの八百長事件です。ほぼ全てのチームが関与したとされるこの事件により、中国サッカー界は観客の信頼を大きく失ってしまいました。

 失ったのは観客や信頼だけではありません。八百長に関与したとして、実績のある指導者や関係者の多くがサッカー界から追放されたため、中国サッカー界では慢性的な人材不足に陥ってしまったのです。

中国が求める日本の育成スタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

藤原 裕久

藤原 裕久

長崎県出身。フリーライター。2006年より執筆活動を開始し、主にサッカーを中心としたスポーツをメインとしながら幅広く取材・執筆を行っている。複数のスポーツ専門誌やウェブサイトにも数多く寄稿しており、取材を執筆のベースとする現場第一主義を座右の銘としている。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ