ビジネスを成功に導く極意(第21回)

タスク管理がはかどる手帳術「バレットジャーナル」

posted by 原 一花

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 年の瀬が近づき、翌年のための新しい手帳を購入済みの人も多いでしょう。しかし新しい手帳を購入しても、数カ月も経つと書き込まなくなったり、タスクを書き込んでいても、忘れてしまったという経験のある人は、どうすれば手帳をうまく活用できるか悩むのではないでしょうか。

 そのような人には、手帳に書き込んだスケジュールの中から、いまやるべきことが把握しやすくなる「バレットジャーナル」という手帳術をご紹介します。最大の特徴は「箇条書き」という書き込み方と、「記号」によってタスクの進行状況を一目で理解できる点です。これらによって、タスクのやり残しが少なくなるといいます。

方眼手帳をカスタマイズしてタスク管理

 バレットジャーナルのバレットとは、箇条書きの先頭につける記号「・」(バレットポイント)を指しています。ニューヨーク在住のプロダクトデザイナーが、仕事のタスクを管理するために作り上げた箇条書きによる手帳術で、ウェブサイトで公開したことから注目されるようになりました。

 バレットジャーナルでは、日や週、月などの単位でタスクを箇条書きにして、その文頭につける記号によって進行状況などを管理します。

 タスクを書き込む手帳として、カレンダーなどが印刷されてなく、グリッドや点のみが印刷された方眼手帳を用意します。方眼手帳を選ぶ理由は、バレットジャーナルではリストの書き換えや追記を前提としているため、余計な印刷がされていないほうが書き込めるスペースに制限がないからです。

ステータスを表示する「キー」がポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

原 一花

原 一花

人事、コミュニケーションなどビジネスに関するライティングを行なっているフリーライター。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ