ビジネスを成功に導く極意(第20回)

美意識の向上が経営力のアップに!?

posted by 平島 聡子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 芸術の秋も深まり、日本各地の美術館や博物館でさまざまな展覧会が行われる季節になりました。芸術鑑賞といえば趣味や教養というイメージが強いですが、実は最近、芸術に触れて「美意識」を高めることは、ビジネスにおける経営力の向上にも役立つといわれ始めています。

 その証拠に、海外では美術系大学院に幹部候補を送り込む企業が増えていたり、ニューヨークの美術館の早朝イベントに参加する顔ぶれが、旅行者や学生から、企業の経営者層などに変わってきていたりといった動きがみられるそうです。

 なぜ今、経営者層が芸術に触れて「美意識」を高めようとしているのか、その理由を「美意識を高めることが、経営の意思決定に直接役立つ時代になってきたから」と説明しているのが、組織開発や人材育成のコンサルタントである山口周氏の著書『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」』です。

 本記事では著書から、美意識の向上が経営の意思決定に役立つ3つの理由について解説します。

もはや論理や理性だけでは競合と差別化ができない

 まず1つ目は、論理的・理性的な思考だけでは、企業が生き残っていけない時代になっているということです。

 少し前までは、経営スキルといえば、論理的思考力や数値分析などが広く知られていました。それは、あいまいで個人的な主観に頼る直感ではなく、数字などの根拠に基づいて導き出された客観的な指標を使って、論理的に意思決定を行うという手法です。

 しかし、論理的に意思決定をするということは、計算式が広く認知されるようになれば、誰でもが同じような結論に至ることを意味します。多くの経営者が理論的に武装した結果、意思決定までも似たり寄ったりの状態になってしまったのです。

 このような手法が当たり前となった市場で、業績の目指す到達点が同じ場合、勝負を分けるのは「より早く」「より安く」それを実現できるかどうかになります。これまでの日本企業は、スピードとコストを磨くことで、この競争に勝ってきました。しかし、アジア諸国などの台頭によって、すでにその優位性は失われています。日本企業は、従来とは違った手法で競合との差別化を図る時期に来ているといえます。

 現在の環境下で必要なのは、論理的に正しい答えを導き最速最安で実現する力ではありません。競争相手とは違うユニークなアイディアを産み出す創造力なのです。ユニークな発想をするためには、感性や美意識を磨くことが必要です。感性が古い、美意識が低ければ、凡庸なアイディアしか生まれてこないでしょう。

美意識が自己実現欲求市場での生き残り術になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

平島 聡子

平島 聡子

ヨーロッパ在住ビジネスライター。大企業・ベンチャー双方での就業経験や海外でのビジネス経験を活かし、経営や働き方に焦点を当てたコラムやインタビュー記事の執筆を手掛ける。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ