2016.4.19 (Tue)

ビジネスを成功に導く極意(第2回)

家電メーカー「アクア」を成功に導いた風雲児

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 家電業界の風雲児として注目を集めている、家電メーカー「アクア」の元代表取締役社長兼CEO、伊藤嘉明氏。業界を問わず名だたるグローバル企業を渡り歩き、必ず結果を残してきた実績は高く評価されています。アクアでも就任後わずか1年で、15年続いた赤字から脱却。改革に成功した伊藤氏の経営ビジョンや、個性的な商品を紹介します。

家電業界の風雲児

 スターウォーズ“D2-R2”型の移動式冷蔵庫は、さまざまなメディアで取り上げられたため記憶に残っている人もいることでしょう。あの個性的な商品を生み出した家電メーカーが「アクア」です。

 伊藤氏は、タイ・バンコクで生まれ育ちましたが、子ども時代は英語ができず学校で苦労したそうです。しかし悔しい経験をバネに、積極的に人前に出ていくようになったとのこと。

 タイの自動車メーカーに就職した後、渡米しMBAを取得。日本コカコーラ、デル、レノボ、ソニーピクチャーズエンターテイメントなどのグローバル企業を渡り歩いてきました。業界、職種を問わず転職し、素人からのスタートにもかかわらず、必ず結果を残してきた人物です。

 そんな伊藤氏が、2014年、当時「ハイアール・アジア」という社名だった現アクアの社長に就任します。白物家電の世界シェアトップクラスである中国大手家電メーカー「ハイアールグループ」が、旧三洋電機から冷蔵庫事業と洗濯機事業を買収したものの、赤字経営から抜け出せず、伊藤氏に経営者として立て直しを依頼したのです。

再生のための組織改革

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ