2016.4.12 (Tue)

ビジネスを成功に導く極意(第1回)

劇的な変化をみせるネットスーパーが目指すもの

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 セブン&アイ・ホールディングスが進めるオムニチャネル化、Amazon.co.jpのネットスーパー参入、ヨドバシカメラの“爆速”配送など、このところ流通各社がネットスーパーに力を入れています。各社の取り組みやオムニチャネル化の特徴、ネットスーパーがシニア層にできることなどを紹介します。

流通各社がネットスーパーに参入

 2015年11月、セブン&アイ・ホールディングスは「オムニ7」サービスを開始しました。このサービスで、セブンイレブン、イトーヨーカドー、そごう、西武などグループ各社の商品約180万点を、ひとつのウェブサイトで購入することができるようになりました。2015年9月、2018年度までにグループの通販売上高を約1兆円にまで引き上げるのが目標と発表しています。

 また、インターネット通販の大手Amazon.co.jpもネットスーパーへ本格参入しました。首都圏から生鮮食品を除いた食品の配送サービスを始め、プライム会員向けにスーパー並みの価格設定で提供。インターネット通販トップクラスの座を守る算段です。

 さらに、ヨドバシカメラもインターネット通販に力を入れており、家電以外にも書籍や食品、日用品、化粧品など約400万点弱の品揃えを誇ります。最短6時間での“爆速”配送も人気が高く、2016年度は通販売上高1,000億円に達する見込みとのこと。

 この他、ローソンは楽天と提携し、楽天で注文した商品をローソンの店舗で受け取ることができるサービスを開始。またイオングループでもネットスーパーの取扱品目の拡充を行っています。

ネットスーパーに力を入れる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ