2017.6.7 (Wed)

顧客満足と経営のほどよい関係(第11回)

スマホ対応サイトは今や顧客獲得の必須ツールに!?

posted by 風間 梢

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 株式会社ジャストシステムは、2017年4月に「起業のシステムやサービス導入に関する実態調査」を発表しました。調査によると、システム・サービス導入を検討するためにウェブ上で情報収集する際、どのようなデバイスを利用するかについてアンケートを取ったところ、半数近くがスマートフォンを利用する結果になったとのこと。

 また、ウェブサイトの入力フォームなどがスマートフォンに対応していない場合、約30%の人が「入力をやめる」と回答しています。このことから、商品・サービスを紹介しているウェブサイトがスマートフォンに対応していない場合、見込み客を取りこぼす可能性が高いことがわかります。

 スマートフォンは、ちょっとした空き時間に閲覧ができることに加え、スマートフォン自体も機能強化や液晶画面の高画質化が進み、PCに劣らない情報収集が行えるデバイスとなっています。また社員にスマートフォンを支給する企業も見受けられるようになり、ビジネスシーンにおいても利用頻度が高まっています。

PCによるウェブサイト閲覧は依然として多い

 なお同調査では、情報収集時にPCを使う頻度も調べています。「非常に多い」と回答した人は59.4%、「比較的多い」と回答した人は31.1%で、両回答をあわせると90.5%という結果に。情報収集にPCを利用する頻度も依然として高いことがわかります。

 以上の結果から、「知りたい」「購入したい」という見込み客に向けて自社の情報を届けるには、自社のウェブサイトをPCとスマートフォン両方へ対応させると同時に、閲覧者の見やすさや利便性などのユーザビリティを考慮することが非常に重要であることがわかります。

見込み客が導入する商品・サービスはウェブサイトで決まる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
風間 梢

風間 梢

フリーライター。企画、人事、ECサイト運営等を担当したのちに独立。現在は就職、流通、IT、観光関連のコラムやニュース等を執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ