Biz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速するBiz Drive あなたのビジネスを加速する

2016.9.1 (Thu)

顧客満足と経営のほどよい関係(第7回)

羽田空港を「世界一清潔な空港」に導いた女性の仕事術

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 羽田空港は2016年、イギリスのリサーチ会社、スカイストラック社の格付けランキングにおいて、空港の清潔さを評価する「ザ・ワールド・クリーネスト・エアポート」部門の1位に選ばれました。

 “世界一清潔な空港”の評価を受けた裏側には、700人の清掃スタッフと、それを率いる一人の女性リーダーの存在がありました。

20万人が利用する巨大空港の清潔さを保つ方法とは

 羽田空港の清掃部門のリーダーである新津春子氏は、羽田空港で唯一「環境マイスター」の称号を持ち、スタッフの指導や清掃用具の開発に携わっています。

 新津氏は、日本人の父と中国人の母のもと、中国で生まれ17歳の時に来日しました。日本語があまり上手でなかったため、清掃の仕事にしか就くことができなかったそうです。しかし、やるからにはその道のエキスパートになろうという気持ちで、より早く、より丁寧に、よりきれいに、といつも小さな目標を持ち仕事に取り組んだとのこと。やがて全国ビル清掃技能選手権で日本一に輝くほどの実力の持ち主になりました。

 新津氏が今も働く羽田空港は、1日に20万人が利用する巨大空港。国内線、国際線合わせて3つのターミナルがありますが、洗面所やトイレはもちろん、建物の軒下や手荷物カート、外壁、リムジンバスの停留所まで、全てが清掃の対象です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ