顧客満足と経営のほどよい関係(第2回)

孫子の兵法に学ぶ、競合他社にラクして勝つ方法

posted by 村上 哲也

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ビジネスパーソンの中には、論語や孫子の兵法、君主論や韓非子といった古典を愛読している方々も多いでしょう。これらの古典は何世紀にも渡って語り継がれたもので、物事の本質をついている書籍といえます。それ故、古典から学ぶべき内容は非常に多く、ビジネスに応用することも可能です。また、人間関係における問題も言及されており、学ぶべきことが非常に多くあります。

 今回は、ビジネスパーソンに愛読者が多い「孫子の兵法」から、2つの教訓を引用し解説していきます。

「何だか知らないけど商品が売れて儲かっている」は危険

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
村上 哲也

村上 哲也

コンサルタント兼ライター。ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。
http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

メルマガ登録


スペシャルインタビュー

ページトップへ