2016.3.23 (Wed)

顧客満足と経営のほどよい関係(第1回)

リーダーがとるべきCSV戦略とは?

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 1980年代の「相手を打ち負かす戦略」から、「売り手、買い手、社会が共存共栄するような戦略」へと移行した現代。CSR(企業の社会的責任)に代わる概念として、CSV(Creating Shared Value)が注目されています。経済的な価値と社会的価値を同時に実現することを目指す戦略で、日本でも受け入れられている考え方の1つです。ユニクロを展開するファーストリテイリングでもCSVを実践し、柳井社長のリーダーシップをアピールしています。

CSV誕生の背景

 ハーバード大学のマイケル・ポーター氏などにより提唱されたCSV。その背景には、インターネットの普及によるコミュニケーション構造の変化や、世界貿易機関(WTO)の誕生により、世界貿易の統一ルールができたことなどが挙げられます。それまでの競争優位の戦略では、実社会とのギャップが生じていました。それにより世の中は、敵を打ち負かす考えから、共栄共存する考え方へ移行していったのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷
KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


厚切りジェイソンに聞く!芸人と役員 両立の秘密

ページトップへ