2018.1.23 (Tue)

社員のモチベーションを高めるヒント(第27回)

上司が率先して休むと、部下の生産性は向上する!?

posted by 塚田 沙羅

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 有給休暇(以下有休)を利用せずに働くような上司のもとでは、部下はまとまった休暇を取りにくく感じているかもしれません。管理職やマネジメント職は、仕事の割り振りや進行だけでなく、自分や部下の休暇の取り方にも気を配りたいもの。気持ちのオンとオフを切り替えて、休暇でリフレッシュすることが、その後の仕事に対するモチベーションや、生産性の向上につながります。そのような循環をつくるために、「休めない職場」を「休める職場」へと変えるために管理職が配慮すべきポイントを紹介します。

半数が有休未消化で、30カ国中の最下位に

 有休を利用して長期休暇をとることは、気持ちをリフレッシュさせる上で有効な手段といえるでしょう。しかし日本人の有給消化率は、ホテル・航空券予約サイトを運営するエクスペディアが調査した「世界30ヶ国 有給休暇・国策比較調査2017」によると、50%しか消化しておらず、調査した30カ国中で最下位でした。

 同調査では、有休取得に罪悪感を持つ人の割合も63%で、日本がワーストとなっています。ほかにも、有休取得に対して上司が快く思っていないのではという疑問を抱いている部下の割合を調査した結果、こちらも33%と最下位になっています。日本に「休むことは悪」「有休取得は許されない」という風潮が残る職場が、いまだに少なからずあることがうかがえます。

 また、人材派遣サービス業のランスタッドが2017年第2四半期に行った休日に関する調査では、1年間で取得する休日数に対する満足度は、満足が35.8%、どちらでもないが32.2%、不満足が32.0%となっています。そして不満足な人の約80%以上が「未消化の有給休暇が多い」「まとまった休暇がとりにくい」ことを理由の上位にあげています。対して満足している人のうち、「まとまった休暇がとりにくい」ことをあげている人は35%にとどまり、その差は約45%と大幅に開きがある結果となりました。ここから、まとまった休暇がないことは、休日数に対する不満が高くなる原因の1つであることが見て取れます。

管理職が有休を取得すれば、部下も追従する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

塚田 沙羅

塚田 沙羅

イギリス・ロンドン在住のライター/英日翻訳者。東京芸大卒業後、出版社編集部を経てフリーランスに。イギリス情報・文化、ビジネス(働く人にとっての学びや気づき、人材育成、グローバル思考など)、アート・カルチャーについてさまざまな媒体で多数執筆。
https://japanesewriterinuk.com/article/contact.html

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


ページトップへ