2017.11.30 (Thu)

社員のモチベーションを高めるヒント(第25回)

優秀な中途採用者を活用できる会社と腐らせる会社

posted by 大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 中途採用者に関して「期待外れだった」という声を、人事担当者や経営者から聞くことがあります。中途採用者は、仕事を一から覚える新卒採用と違って、即戦力という期待がかけられます。同時に会社側も、社会経験も積んできたビジネスパーソンに対して、新卒のような手取り足取りといったフォローを実施していることは少ないでしょう。

 しかし中途採用者こそ、会社側のフォローが大切だと唱えているのが、『辞めない採用、即戦力の育成で儲かる会社になる!』の著者であり、経営する企業の業績を飛躍的に向上させ、2001年に経済産業大臣表彰を受賞した小山昇氏です。

 小山氏がフォローを重視する理由は、中途採用者は仕事で実力を発揮する前に、新しい職場環境に適合するという大きな課題があるからだとしています。その課題を克服する際には、本人の努力だけではなく、会社側のサポートが必要不可欠と述べています。

 本記事では小山氏が唱える、中途採用者を腐らせず、能力を発揮させるために管理職が取るべき行動を紹介します。

優秀な中途採用者を「腐らせる」会社

 会社での仕事の多くは、チームプレイです。中途採用者が前職で大きな実績を挙げられたのは個人の能力だけでなく、上司や同僚、部下のサポートといった周辺環境が整っていたからなのかもしれません。

 小山氏は、そのような前職での環境から離れている中途採用者が、新しい会社でも遺憾なく能力を発揮できるとは限らないとしています。そして、その能力を発揮させるには、管理職のサポートが必要だと説明しているのです。

 小山氏が経営する会社では、能力を発揮してもらうためのサポートとして、中途採用者の年齢・職歴に関わらず専属の先輩がインストラクターとして付き、入社から1カ月後、3カ月後、半年後に、それぞれ1週間にわたって指導をする制度があります。

中途採用者にこそ綿密なフォローを

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

大福 汁粉/studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

塾講師、マーケ系情報コンサル等を経てフリーライターへ。企業のオウンドメディア、英語学習サイト、ニュースサイトを中心に執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ