2016.9.12 (Mon)

社員のモチベーションを高めるヒント(第15回)

タイプ別、従業員のやる気を引き出す4つのポイント

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 従業員一人ひとりのやる気は、企業を成長させる原動力です。従業員のやる気を維持することは、リーダーの大事な仕事のひとつです。

 経済が右肩上がりだった高度経済成長期は、やる気を維持するのはシンプルでした。きょうよりもあしたのほうが豊かになることが実感でき、がんばればがんばるほど、昇進や給料という目に見えるかたちで、努力が返ってきたからです。

 しかし残念ながら、現代は現状維持すら難しい低成長期に入っています。それに伴って個人の価値観とモチベーションを上げる方法も多様化しました。鍵になるのは、さまざまなタイプの従業員に向けた、複数のモチベーションアップ策です。

 今回は、従業員のタイプ別に見る、4つのモチベーションアップ策をご紹介します。

【その1】やる気のある従業員には目標達成型の報酬を

 従業員のモチベーションを高めるうえで基本となるのが、「成長や努力を報酬で評価する」方法です。特にベンチャー思考が強い従業員、若い従業員に対しては、こうした目標達成型の報酬が有効です。

 ここで重要なのは、従業員それぞれに個別の目標を設定することです。仕事の質はスタッフそれぞれで異なるため、売上達成目標や経費削減目標のほか、個々の事情を加味した個別の“ゴールを”設定するといいでしょう。

 また報酬も、給与・昇進はもちろん、福利厚生や長めの休日など、従業員が求めるものを与えることも重要です。

【その2】本音を隠し持っている従業員にはまずは話を聞く

 従業員が企業と仕事に求めるものは、おおざっぱにいうと「給料」や「キャリアアップ」でしょうが、現場レベルの細かい視点で見れば千差万別です。「もっと違う仕事がやってみたい」「温めている企画を通す機会が欲しい」といった、直接的な仕事に対する要望もあるでしょうし、「正当な評価を受けたい」「子どもと接する時間が欲しい」など、職場環境に対する意見もあるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


イベント・セミナー


震災から芽生えた想い

ページトップへ