2016.7.20 (Wed)

社員のモチベーションを高めるヒント(第11回)

“優秀な人ほど辞めてしまう”企業の特徴

posted by KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 ボーナス後は、退職者が増える時期でもあります。優秀な人材、辞めてほしくない人ほど退職してしまう悪循環に陥っている企業も多いのではないでしょうか。優れた人材が定着しないのは、企業にとって大きな損害です。ここでは、定着率が悪い企業の特徴を考え、解決の糸口を探ります。

優秀な人ほど辞めてしまう企業

 優秀な人であれば、今の企業を辞めても行き先があるものです。現状に不満があれば、自分の能力を活かせる企業、待遇の良い企業への転職に魅力を感じることでしょう。優秀な人が次々と辞めてしまう企業には、以下のような特徴があります。

(1)仕事のチャンスや権限を与えない

 優秀な人は向上心が旺盛で、チャレンジする意欲も持っています。それを「経験が浅いから」「まだ若いから」という理由でチャンスを与えないでいると、やる気を失ってしまいます。時には、失敗しても損失を被る覚悟でチャンスを与えることも必要です。

(2)意見を聞かない、取り入れない

 やる気のある人ほど、さまざまな意見や提案をします。経験豊富な上司からみたら荒削りで不十分な意見かもしれません。それでもモチベーションを向上させるために、あえて採用する度量も必要です。また、採用できない場合はその理由と、意欲的な姿勢を評価していることを伝えましょう。

(3)評価基準があいまい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)

KEISUKE /studio woofoo(www.studio-woofoo.net)/studio woofoo(www.studio-woofoo.net

ライター・ウェブディレクター。プロのダンサーから転身。就職サイト、社会人向け情報サイト、エンタメサイトのウェブディレクターの経験を経て、記者、フリーライターとして活動しつつ、某テレビ局のサイト立ち上げ、コンサルなど幅広く活動している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ