2016.7.14 (Thu)

社員のモチベーションを高めるヒント(第10回)

社内FA制度のメリット・デメリット

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

FA導入は吉と出るか凶と出るか?

 社内FA(フリー・エージェント)制度を導入すると、管理職としては部下が予期せず異動するマイナスの側面を警戒してしまいます。

 しかしながら社内外で雇用が流動化し、かつてのような絶対安泰な企業・ポストが減っているため、社内FAのメリットは相対的に上昇しているのです。制度設計のいかんによっては、若手よりも、中堅以上の社員にとって、チャンスとなる可能性があります。

 そこで今回は社内FAの基本をみながら、実際の導入事例を調べてみます。

社内FA制度とはなにか?

 社内FA制度とは、ある一定の資格条件を満たした社員がフリー・エージェントを宣言し、みずから異動先の部署を指定して申告できる人事異動制度です。自己申告や社内公募と大きく異なり、社員が主体的に動ける制度といえるでしょう。

 FAを取得した社員は、希望の異動先を指定し、そこで能力や適正を判断され、必要とされれば移籍が決定します。また自分を必要とする部署から、声が掛かることを待つ方法もとれます。

 自己申告では、企業に希望を伝えられるものの裁量権は人事部にあり、実質的には会社都合による異動の参考程度にしかなっていませんでした。それよりも開かれた制度といわれる社内公募も、人材を必要とする部署が出す募集に応募するかたちのため、社員の立場からすれば受け身にならざるを得ませんでした。

 それらに比べると、本人の意思が直接表に出るので、FAはモチベーションアップに大きくつながります。

社内FA における人事部の役割

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ

あわせて読みたい

close