2016.7.12 (Tue)

社員のモチベーションを高めるヒント(第9回)

気を付けて!その一言が部下の成果を左右する

posted by 村上 哲也

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 日本語は難しく、本人としては同じ内容を言っているつもりでも、聞き手にとっては印象が全く違う場合がよくあります。ビジネスシーンにおいては、投げかけた言葉の印象次第で相手のモチベーションを左右してしまいます。経営者や上司の立場としては、どのような言葉掛けが正しいか、どのように言われると部下のモチベーションが上がるかを知っておくことは、非常に重要なこと。なぜなら、上司の言葉掛けが良ければ、部下はより一層仕事に打ち込み、大きな成果を出してくれるからです。逆の場合は、部下の心はあなたから離れ、大きな成果も期待できません。

 それではどのような点に気を付ければよいのか、今回は助詞の「てにをは」についてと、褒める際のポイントについて考えてみましょう。

日本語における「てにをは」は難しい

 「てにをは」は思っている以上に難しく、また相手に与える印象も大きく異なります。たとえば、以下の例文を比べてみましょう。

A.「この案で良い。早速取り掛かってくれ。」
B.「(是非)この案が良い。早速取り掛かってくれ。」

 このような会話は日常的に行われているでしょう。上記の会話は、ほぼ言っている内容は同じです。ただし、相手に与える印象は180度異なります。私たちは意識せず、Aを使いがちです。しかしこれでは駄目です。何が駄目なのでしょうか。

 A、 Bともに同じ背景の元でプロジェクト案が決まったのなら、部下に対しては是非Bの声掛けをしたいものです。Aの場合には、「この案でいい」と言っています。他意はなくともこの表現では、「十分に満足はしていないけれど、妥協して仕方なく選んだ」というような印象を与えてしまいます。部下は妥協で選ばれたように感じられ、素直に喜べません。

 一方、Bの場合には「この案がいい」と言っています。このような言い方になると、何を差し置いても是非採用したいという前向きな気持ちを部下に与えることができます。部下の立場に立てば、「上司は十分に満足してくれた上で案を採用してくれた、ならばその気持ちに応えなければ」と思えます。たった一字の違いですが、日本語では与える印象が大きく違うことがあることを覚えておきましょう。

褒めるときには具体的に、かつ過程を褒めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

村上 哲也

村上 哲也

コンサルタント兼ライター。ゼロベースでのコンサルタントには定評があり、担当する顧客とは「戦略」から始め「戦術」まで実行させる本格派。2013年より本業の合間にライター業務も行っており、コンサルタント関係に留まらない幅広い記事の記載を行っている。
http://midorinooka2014.wix.com/business-consulta-jp

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ