2016.5.17 (Tue)

社員のモチベーションを高めるヒント(第5回)

ゆとり世代の部下育成に悩む上司のためのコーチング術

posted by 川崎 雄斗

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 部下に対して「何を言っても聞いてくれない。どうやって指導すれば良いのかが分からない」と悩んでいる人は多いと思います。今回はそんな人に、部下の飛躍的な成長が期待できるコーチングという指導方法を紹介します。

ゆとり世代の困った部下

 「この人はきっと活躍してくれる!」と思って採用したものの、実際に働いてもらうと全く期待はずれの部下だったという経験はありませんか。特に、ゆとり世代の部下をもつ人から

・仕事にやる気が見られない
・言われたことしかやらない
・報告・連絡・相談ができない
・人の指示を聞かない
・アドバイスを素直に聞き入れない

 というような声を耳にしたことも少なくありません。

 しかし、このような態度をとる原因は、全て部下にあるのでしょうか。そんなことはなく、部下を指導する側にも問題のあるケースが考えられます。まずは、あなたが部下にとって最適な指導ができているかを考えてみましょう。特に

・部下とのコミュニケーションは十分か
・部下の希望を把握しているか
・部下の能力や特性を理解しているか

 この3点に対して不安を抱いた人は、指導方法を改める必要があるかもしれません。では、具体的にどのような指導を行えば良いのでしょうか。

きっかけはコーチング

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

川崎 雄斗

川崎 雄斗

フリーライター。2012年よりライター活動を開始。主にビジネスコミュニケーションやマーケティングの分野を研究、執筆している。

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ