2016.4.28 (Thu)

社員のモチベーションを高めるヒント(第3回)

これからの社員食堂の話をしよう!

posted by 株式会社アークコミュニケーションズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

タニタの社員食堂に学んでみよう

 書籍化されて大ヒット、さらに人気女優を起用した映画が制作される。歴史的な出来事の話ではありません、一企業の社員食堂の話です。「お腹がいっぱいになり、知らないうちに痩せていた」をコンセプトとするタニタの社員食堂が話題になって、社食の新しい価値が広く世間に知られるようになりました。

 普段はなにげなく使い、そもそも社食のない企業が多いなか、どんな価値が再発見されたのか……。興味深い実例を見ながら導入のヒントを探ります。

見直された社食のメリット

 体重計などの計測器メーカーであるタニタが、社員食堂をオープンしたのは1999年。それまで健康重視で、味を置き去りにしてきた食堂施設が従業員満足の観点からリニューアルし、味・量・健康を満たした社食として生まれ変わりました。

 その10年後にテレビの社食紹介コーナーで取り上げられ、次いで書籍化されて当時400万部を超える大ヒット。社内の枠を超えた「タニタ食堂」として、全国10箇所以上のオフィスビルや病院で展開しています。

 こうして2010年前後からタニタを皮切りに火が付き、各社ユニークなコンセプトの元に社食が運営されていたことが、一般にも知れ渡りました。本来は大所帯の胃袋を満たすための施設でしたが、いまでは、コミュニケーションやリラックスの場所、そして社風を表現して外向けにアピールする役割を担うようになっています。

 福利厚生と健康管理、モチベーションと生産性の向上、コミュニケーションの促進、社会貢献、もはや社食は単なる食堂ではないのです。

社食を無料にしたGoogleの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

株式会社アークコミュニケーションズ

株式会社アークコミュニケーションズ

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ